メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

県内自治体、進む対応 鹿沼市、カップルに証明書 栃木市、ガイドライン作成 /栃木

 県内自治体でLGBTなど性的少数者への対応が進んでいる。鹿沼市は、カップルが男女の結婚と同様の関係にあることを示す「パートナーシップ宣誓制度」を導入。栃木市は、市職員や教職員向けに理解促進のためのガイドライン(指針)を作成した。両市によると、いずれも県内初の取り組みという。

 鹿沼市の制度は、パートナーシップ宣言をした性的少数者のカップルに宣誓証明書を発行。法的な効力はないが、証明書があれば男女の婚姻と同等の取り扱いとなり、市営住宅と市営墓地の利用が申し込める。6月に制度を導入する。

 市によると、対象は共に独身の成人カップルで、市内居住か転入予定者。市人権推進課が詳細を確認の上、証…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  2. 滋賀・名神高速事故 被害者の身元判明 奈良県の女性会社員ら
  3. 新幹線「N700S」が時速360キロ 東海道で過去最高速度
  4. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです