メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

キムチ納豆ラーメン 盛岡市 発酵食品同士のハーモニー

キムチ納豆ラーメン=盛岡市盛岡駅前通のフェザン店で2019年4月9日、鹿糠亜裕美撮影

 キムチ納豆とラーメンという一見ミスマッチのご当地麺である。盛岡市の柳家で1982年に誕生し、今や「盛岡三大麺」といわれる盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺、わんこそばにも並ぶ、盛岡市民のソウルフードに成長した。

 見た目は、山盛りのもやし炒めの上に生卵がポトリと乗る。赤いスープを口に含むとピリッと辛いが、しだいに納豆の香りと甘みが口いっぱいに広がる。中太麺はツルツル、もちもちの食感で、スープとの相性は抜群だ。

 考案したのは、柳家の創業者で会長の大信田和一(おおしだわいち)さん(78)だ。手打ちそば屋として7…

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1302文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 静岡県富士宮市選管ミス 市民指摘で判明
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. 質問なるほドリ 「政党要件」で何ができるの? 交付金や企業寄付受領 メディア露出増えそう=回答・吉井理記

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです