メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麺食い・列島味便り

キムチ納豆ラーメン 盛岡市 発酵食品同士のハーモニー

キムチ納豆ラーメン=盛岡市盛岡駅前通のフェザン店で2019年4月9日、鹿糠亜裕美撮影

 キムチ納豆とラーメンという一見ミスマッチのご当地麺である。盛岡市の柳家で1982年に誕生し、今や「盛岡三大麺」といわれる盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺、わんこそばにも並ぶ、盛岡市民のソウルフードに成長した。

 見た目は、山盛りのもやし炒めの上に生卵がポトリと乗る。赤いスープを口に含むとピリッと辛いが、しだいに納豆の香りと甘みが口いっぱいに広がる。中太麺はツルツル、もちもちの食感で、スープとの相性は抜群だ。

 考案したのは、柳家の創業者で会長の大信田和一(おおしだわいち)さん(78)だ。手打ちそば屋として7…

この記事は有料記事です。

残り1051文字(全文1302文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです