メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニメ「ゆるキャン△」

山梨舞台、人気で「聖地巡礼」地元沸く 冬にキャンプ、放映前の5倍 /山梨

 身延町の高校に通うキャンプ好きの女子高生の日常を描いたテレビアニメ「ゆるキャン△」が放映されたことを機に、ゆかりの地を巡る「聖地巡礼」人気に地元が沸いている。イベントには多くのファンが集まり、地域振興につなげようと意気込む。

 昨年1月に放映が始まると、第1話に登場する身延町の浩庵キャンプ場は利用者が急増。富士山を見渡せる本栖湖畔にテントを張り、寒い中でキャンプをする「冬キャン」を楽しむ場面があり、本来閑散期の冬に多い日で放映前の5倍の人が訪れた。

 アニメを見てキャンプを始めるファンも多く、運営する赤池浩文さんは「お金のない女子高生が手ごろな道具…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです