メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万葉集

「令和」ゆかり 北野天満宮で宝永本公開 /京都

初公開される万葉集の宝永本(北野天満宮所蔵)。5巻に令和の出典部分(中央)が見られる=京都市上京区の同天満宮で、中津川甫撮影

 京都市上京区の北野天満宮で、新元号「令和」の典拠となった万葉集の宝永本が初公開されている。全20巻のうち5巻に収められた梅花の歌の「序文」に令と和の二文字を見ることができる。他に万葉集の注釈書なども展示されている。6月30日まで。

 万葉集は奈良時代ごろに編集されたとされ、宝永本は江戸期の宝永6(1709)年に木版印刷された。令和の出典部分は太宰府長官の大伴旅人(おおとものたびと…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです