メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万葉集

「令和」ゆかり 北野天満宮で宝永本公開 /京都

初公開される万葉集の宝永本(北野天満宮所蔵)。5巻に令和の出典部分(中央)が見られる=京都市上京区の同天満宮で、中津川甫撮影

 京都市上京区の北野天満宮で、新元号「令和」の典拠となった万葉集の宝永本が初公開されている。全20巻のうち5巻に収められた梅花の歌の「序文」に令と和の二文字を見ることができる。他に万葉集の注釈書なども展示されている。6月30日まで。

 万葉集は奈良時代ごろに編集されたとされ、宝永本は江戸期の宝永6(1709)年に木版印刷された。令和の出典部分は太宰府長官の大伴旅人(おおとものたびと…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 「奪われにくい新型ホルスター」未配備だった 容疑者、拳銃の取り扱いに精通か 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです