メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶしゅかん

幡多農高生PR 給食に考案のまんじゅう 四万十市 /高知

「ぶしゅかんまんじゅう」を手に喜ぶ毛利千愛美さん(右)と児童たち=高知県四万十市佐岡の東山小で、上野力撮影

 四万十市古津賀の県立幡多農高の生徒が考案した「ぶしゅかんまんじゅう」がこのほど、同市内の市立小中学校(全25校)の給食で提供された。

 幡多農高生活コーディネート科では、地域食材の普及活動に取り組む中、一昨年前から生徒5人で市の特産の酢ミカン「ぶしゅかん」を広めるプロジェクトを立ち上げ、生産者に話を聞いたり、マ…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです