メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スリランカ連続爆破テロ

IS「犯行声明」 当局、40人拘束

爆発があった聖セバスチャン教会周辺の集団葬儀で、二つのひつぎの前で泣き崩れる女性(中央)=スリランカ西部ニゴンボで23日、ロイター

 スリランカで起きた連続爆破テロ事件で、過激派組織「イスラム国」(IS)は23日、系列のアーマク通信を通じて犯行を主張し、8人の男が写る写真も公開した。AP通信によると、この中にはスリランカ政府が爆破テロの首謀者と見ている人物が含まれるという。また、スリランカ警察当局は同日、事件に関与した疑いでこれまでに計40人を拘束したと発表した。

 地元警察などによると、死者数は日本人1人を含む321人に達した。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです