メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@東京・神宮球場 平成残り7日 国際化、変わる野球

「平成最後の東京対決」となるヤクルト-巨人3連戦の初戦が行われた神宮球場に立つ奥村政之さん=東京都新宿区で23日、宮武祐希撮影

 23日午後6時。東京・神宮球場で「平成最後の東京対決」と銘打ったヤクルト-巨人戦が始まった。ヤクルトのウラディミール・バレンティン選手(34)が登場するとスタンドが沸いた。

 平成25(2013)年、王貞治さんの1シーズン最多55本の記録を半世紀ぶりに塗り替える60本の本塁打を放った。スカウトした球団の国際担当、奥村政之さん(52)は、この日もスタンドで試合を見守った。

 奥村さんはもう1人、平成のスポーツ史に刻まれる選手を舞台裏で支えた。平成7(1995)年に渡米し、…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです