メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@東京・神宮球場 平成残り7日 国際化、変わる野球

「平成最後の東京対決」となるヤクルト-巨人3連戦の初戦が行われた神宮球場に立つ奥村政之さん=東京都新宿区で23日、宮武祐希撮影

 23日午後6時。東京・神宮球場で「平成最後の東京対決」と銘打ったヤクルト-巨人戦が始まった。ヤクルトのウラディミール・バレンティン選手(34)が登場するとスタンドが沸いた。

 平成25(2013)年、王貞治さんの1シーズン最多55本の記録を半世紀ぶりに塗り替える60本の本塁打を放った。スカウトした球団の国際担当、奥村政之さん(52)は、この日もスタンドで試合を見守った。

 奥村さんはもう1人、平成のスポーツ史に刻まれる選手を舞台裏で支えた。平成7(1995)年に渡米し、大リーグに挑んだ野茂英雄さん(50)だ。奥村さんは通訳を務めた。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 賭けマージャン「黒川氏と同レート」の自衛隊員は「停職」 法務省「参考にせず」

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 砥部焼でアマビエ にっこり表情豊かに 愛媛の絵付け職人「和んでほしい」

  4. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです