メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和へ

@東京・神宮球場 平成残り7日 国際化、変わる野球

「平成最後の東京対決」となるヤクルト-巨人3連戦の初戦が行われた神宮球場に立つ奥村政之さん=東京都新宿区で23日、宮武祐希撮影

 23日午後6時。東京・神宮球場で「平成最後の東京対決」と銘打ったヤクルト-巨人戦が始まった。ヤクルトのウラディミール・バレンティン選手(34)が登場するとスタンドが沸いた。

 平成25(2013)年、王貞治さんの1シーズン最多55本の記録を半世紀ぶりに塗り替える60本の本塁打を放った。スカウトした球団の国際担当、奥村政之さん(52)は、この日もスタンドで試合を見守った。

 奥村さんはもう1人、平成のスポーツ史に刻まれる選手を舞台裏で支えた。平成7(1995)年に渡米し、大リーグに挑んだ野茂英雄さん(50)だ。奥村さんは通訳を務めた。

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. ORICON NEWS いらすとや、2月からサイトを不定期更新に 9年間「毎日サイトを更新」に労いの声

  3. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  4. コロナ感染した遺体が増加 変死など警察取り扱い数、12月上回る

  5. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです