メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

代替わりへ

象徴と政治/上 皇室外交、和解を加速 「昭和」清算の面も

 「今朝の写真で、日本とオランダの関係が新しいページを開くことができたと確信しました」

 2000年5月26日。駐オランダ日本大使だった池田維(ただし)氏(80)に、同国のファンアフト元首相が電話してきた。その日のオランダ主要紙の朝刊1面には、天皇、皇后両陛下の写真が掲載されていた。オランダ訪問中の両陛下が、学生寮の窓から身を乗り出す女性たちと笑顔で歓談される光景だ。予定外の行動は、現地の好感を引き出した。

 陛下の即位後の海外訪問先は1991年の東南アジア歴訪を皮切りに36カ国に上る。92年の中国、94年…

この記事は有料記事です。

残り1977文字(全文2231文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原因は果物のライチ?脳炎で子ども130人以上死亡 インド東部
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです