メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

氷河期のサバイバー=福本容子

 <sui-setsu>

 厚手の服とサヨナラする季節。寒さから守ってくれてありがとね、と感謝しなくてはいけない。

 服がなければ冬は越せない。そして服があるのは大昔の人が発明してくれた針と糸のお陰である。

 この小さな道具が、私たちのご先祖、ホモ・サピエンスと、氷河期で絶滅したネアンデルタール人の命運を分けたのだそうだ。

 ホモ・サピエンスは動物の骨や角を極細にして、糸を通す穴も開けた。毛皮を縫い合わせ、体にフィットする…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1030文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです