メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

北里柴三郎どんな人? 「日本近代医学の父」 破傷風の治療法開発=回答・柳楽未来

新1000円札の肖像画に選ばれた北里柴三郎

回答・柳楽未来(なぎら・みらい)

 なるほドリ 5年後に発行される新しい1000円札に北里(きたさと)柴三郎(しばさぶろう)の肖像画(しょうぞうが)が使われると聞いたよ。どんな人なの?

 記者 明治から昭和初期に活躍した「日本近代医学の父」と呼ばれる細菌学者です。1853年に熊本県で生まれ、東京大医学部を卒業後に30代前半でドイツに留学。結核菌(けっかくきん)などを発見したロベルト・コッホに師事し、当時非常に難しかった破傷風菌(はしょうふうきん)の純粋培養(じゅんすいばいよう)に世界で初めて成功しました。治療法も研究し、血清療法(けっせいりょうほう)を開発して多くの人命を救うことに貢献しました。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文883文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです