メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年米大統領選

下院議員が出馬表明 民主・元海兵隊員

 【ワシントン高本耕太】2020年米大統領選に向けた民主党の候補者指名争いで、東部マサチューセッツ州選出のセス・モールトン下院議員(40)が22日、立候補の意向を表明した。

 海兵隊勤務の経験をもとに外交や安全保障政策の見直しを訴えの中心に据え、銃規制強化も掲げる。同日出演したABCテレビでは「トランプ大統領を打倒するために立候補する」と述べた。

 モールトン氏は海兵隊員としてイラク戦争に従軍した。15年から下院議員を務め現在3期目。昨年11月の中間選後、党執行部の若返りを求めナンシー・ペロシ氏の議長再選に反対する若手グループの中心的人物だった。20年大統領選にマサチューセッツ州からはウォーレン上院議員(民主)とウェルド元知事(共和)が既に立候補表明している。

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです