メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー

ロヒンギャ資料不法入手 記者上告棄却 理由示されず

 【ヤンゴン共同】ミャンマーで、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの極秘資料を警察から不法に入手したとして国家機密法違反の罪に問われ、2審で禁錮7年の判決を受けたロイター通信のミャンマー人記者2人に対する上告審で、同国の最高裁は23日、2人の上告を棄却した。

 2人の弁護士によると、最高裁は判断だけを示し、理由に言及しなかった。弁護士は「失望している。釈放…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです