メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ミャンマー

ロヒンギャ資料不法入手 記者上告棄却 理由示されず

 【ヤンゴン共同】ミャンマーで、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの極秘資料を警察から不法に入手したとして国家機密法違反の罪に問われ、2審で禁錮7年の判決を受けたロイター通信のミャンマー人記者2人に対する上告審で、同国の最高裁は23日、2人の上告を棄却した。

 2人の弁護士によると、最高裁は判断だけを示し、理由に言及しなかった。弁護士は「失望している。釈放…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです