露朝首脳会談

「抜本的合意は見込めず」 正日氏取材、ロシア記者

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ウラジオストク大前仁】17年前に故金正日(キムジョンイル)総書記にインタビューした経験を持つロシア人ジャーナリストのオリガ・マリツェワさんが23日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による初のロシア訪問について「国際社会で経験が豊富なプーチン氏が金委員長をパートナーとして処遇し、個人的な関係を深めるだろう」との見通しを語った。

 ただ、マリツェワさんは、ロシアと北朝鮮がそれぞれ国際社会から経済制裁を受けている点を取り上げ、「2国間関係を抜本的に変えるような合意が結ばれるとは思わない」とも指摘した。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文677文字)

あわせて読みたい

ニュース特集