メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

図書館改革 泉大津市の挑戦=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 いま図書館は、本を読み、借りる場所から、地域の情報センター、子どもたちの遊び場、高齢者の居場所、仕事場等ともなり、まさに地域のコミュニティーの核になってきている。

 大阪府泉大津市では、現在の図書館を駅前ビルの4階に移転し、市民の利用拡大とともに多世代の居場所づくり、加えて海外留学生の拠点となるように、施設の基本・実施設計プロポーザルの公募を4月8日より開始したところである。

 通常公募は、市のホームページでその要領が公表されるにとどまるが、泉大津市では、公募要領とともに、南出賢一市長が自ら動画によるビデオメッセージで、図書館整備の背景、目的、目指すべき街のあり方、地政学的な立地の優位性、産業の実態、官民による経済活性化等、まちづくり全体の熱い思いを27分にわたり語っている。それも全くシナリオを見ることなく、自らがパソコンを操りながらカメラ目線でしっかりと語る。それによ…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです