メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

廃品回収 紛れる違法業者

違法業者と許可業者の違い

 <くらしナビ・環境>

 引っ越しなどで発生する粗大ごみ。高齢社会を迎え、遺品の整理や生前整理に注目が集まり、一度に大量の粗大ごみを処分する機会も増えている。だが、自治体では一度に出せるごみの量が決まっているなど対応が遅れている。その「穴」を埋めるように、違法な回収業者が回収を担う構図がある。

 ●自治体の許可得ず

この記事は有料記事です。

残り1976文字(全文2132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです