メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなのごみ

廃品回収 紛れる違法業者

違法業者と許可業者の違い

 <くらしナビ・環境>

 引っ越しなどで発生する粗大ごみ。高齢社会を迎え、遺品の整理や生前整理に注目が集まり、一度に大量の粗大ごみを処分する機会も増えている。だが、自治体では一度に出せるごみの量が決まっているなど対応が遅れている。その「穴」を埋めるように、違法な回収業者が回収を担う構図がある。

 ●自治体の許可得ず

この記事は有料記事です。

残り1976文字(全文2132文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです