連載

いきものと生きる

侵略的外来種などの研究で知られる五箇公一さんが生き物に関するあれこれをつづります。

連載一覧

いきものと生きる

「ダニ先生」両陛下に熱弁=五箇公一

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
天皇、皇后両陛下に研究内容について説明する五箇研究室長(左)=国立環境研究所提供
天皇、皇后両陛下に研究内容について説明する五箇研究室長(左)=国立環境研究所提供

 私は、現在、国立環境研究所(茨城県つくば市)で日本の野生生物を守るための研究をしている。そんな私の肩書の中で、よく出てくるのが「ダニ先生」。実際、私の本来の専門はダニ学である。「なんでダニ?」と思われる方も多いと思うが、ダニ学の深淵(しんえん)については、また次の機会に記すとして、間もなく「平成」が幕を閉じ、新しい「令和」の時代が始まろうとしている。この時に、天皇、皇后両陛下と「ダニ」にまつわる、私にとってかけがえのない思い出でコラムの1回目を飾りたいと思う。

 2010年夏。その年は「国際生物多様性年」ということで、日本各地で生物多様性保全をうたったイベントが催され、国立環境研究所でも両陛下がおいでになるという一大行事を迎えた。そして、大変名誉なことに、私が生物研究の説明対応をさせていただくことになった。

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1448文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集