メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性のカラダノート

高齢出産/6止 産む知識と産まない自由

「妊娠には適齢期がある」と講演する産婦人科医の宮崎千恵子さん。多くの高校生が熱心に耳を傾ける=本人提供

 <くらしナビ 医療・健康>

 ●高校で講座開催

 「妊娠には適齢期があります」。静岡県が高校などで実施する、人生設計についての講座。富士市の産婦人科医、宮崎千恵子さん(55)は「子どもを産みたい時」に備えて、今知っておいてほしいことを伝えている。

 20代や30代前半が妊娠しやすく、流産も少ないが、妊娠・出産の適齢期の知識を学生が学校で教わる機会はこれまでほとんどなかった。県は2016年度に講座を始め、2年間で高校など47カ所で開催。宮崎さんは「『産みたいのに産めない』と悩む人を減らしたい」と話す。

 人生設計だけでない。「性感染症が不妊の原因になることも」「極端なダイエットをすると、月経が止まって…

この記事は有料記事です。

残り1053文字(全文1353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです