国連人口基金

50年 コントロールから人権保障へ 途上国支援、橋渡し 佐藤摩利子・東京事務所長に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐藤摩利子氏
佐藤摩利子氏

 家族計画などの支援に取り組んできた国連人口基金が今年、設立から50年を迎えた。日本ではなじみが薄いかもしれないが、国内企業の技術を途上国に橋渡ししパートナーシップ構築などで支援に取り組んでいる。11月にケニア・ナイロビで記念サミットを開くのを前に、東京事務所の佐藤摩利子所長にこれまでの歩みや今後の活動について聞いた。【聞き手・阿部亮介】

 --国連人口基金の設立は1969年でした。

この記事は有料記事です。

残り2391文字(全文2583文字)

あわせて読みたい

注目の特集