メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連人口基金

50年 コントロールから人権保障へ 途上国支援、橋渡し 佐藤摩利子・東京事務所長に聞く

佐藤摩利子氏

 家族計画などの支援に取り組んできた国連人口基金が今年、設立から50年を迎えた。日本ではなじみが薄いかもしれないが、国内企業の技術を途上国に橋渡ししパートナーシップ構築などで支援に取り組んでいる。11月にケニア・ナイロビで記念サミットを開くのを前に、東京事務所の佐藤摩利子所長にこれまでの歩みや今後の活動について聞いた。【聞き手・阿部亮介】

 --国連人口基金の設立は1969年でした。

この記事は有料記事です。

残り2391文字(全文2583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです