メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連人口基金

50年 コントロールから人権保障へ 途上国支援、橋渡し 佐藤摩利子・東京事務所長に聞く

佐藤摩利子氏

 家族計画などの支援に取り組んできた国連人口基金が今年、設立から50年を迎えた。日本ではなじみが薄いかもしれないが、国内企業の技術を途上国に橋渡ししパートナーシップ構築などで支援に取り組んでいる。11月にケニア・ナイロビで記念サミットを開くのを前に、東京事務所の佐藤摩利子所長にこれまでの歩みや今後の活動について聞いた。【聞き手・阿部亮介】

 --国連人口基金の設立は1969年でした。

この記事は有料記事です。

残り2391文字(全文2583文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  5. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです