メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

変わる新型出生前診断 正確に理解し判断を=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

新型出生前診断では認定遺伝カウンセラーも重要な役割を果たす マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 最近おなかの中の赤ちゃんの病気を見つける技術が進歩しています。母体血を使った新型出生前診断(NIPT)はお聞きになったことがあるでしょう。妊娠初期のお母さんの血液を採取し、体に入り込んだ胎児のDNAを分析する検査です。通常2本で1対、計23対ある染色体の数のうち、13番、18番、21番の染色体のトリソミー、つまり数の異常が調べられます。21番染色体が3本ある21トリソミーはダウン症候群として知られています。他の染色体のトリソミーも先天性の病気です。多くの人は「じゃあトリソミーって遺伝子の異常?」と誤解しがちですが、染色体と遺伝子は違います。

 遺伝子はいわばヒトの体を形作る設計図です。原則一つの部品につき一つの設計図があり、それを組み合わせ…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです