メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

変わる新型出生前診断 正確に理解し判断を=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

新型出生前診断では認定遺伝カウンセラーも重要な役割を果たす マンガ「コウノドリ」(C)鈴ノ木ユウ/講談社

 最近おなかの中の赤ちゃんの病気を見つける技術が進歩しています。母体血を使った新型出生前診断(NIPT)はお聞きになったことがあるでしょう。妊娠初期のお母さんの血液を採取し、体に入り込んだ胎児のDNAを分析する検査です。通常2本で1対、計23対ある染色体の数のうち、13番、18番、21番の染色体のトリソミー、つまり数の異常が調べられます。21番染色体が3本ある21トリソミーはダウン症候群として知られています。他の染色体のトリソミーも先天性の病気です。多くの人は「じゃあトリソミーって遺伝子の異常?」と誤解しがちですが、染色体と遺伝子は違います。

 遺伝子はいわばヒトの体を形作る設計図です。原則一つの部品につき一つの設計図があり、それを組み合わせ…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1306文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです