メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

巨人9-0ヤクルト 巨人・山口、ツバメ打線封じ

 巨人が4連勝。一回にビヤヌエバの犠飛で1点を先取。三回は相手の暴投、四回には亀井の適時二塁打で追加点を奪い、九回には丸のソロなどで4点を挙げた。先発の山口は無傷の4勝目。ヤクルト先発の原は制球が甘く、今季初黒星。

8回無失点

 平成最後の首都決戦シリーズで、首位攻防でもある3連戦の初戦。巨人の先発・山口が「理想通り」という快投で8回1安打無失点と、強力ヤクルト打線を圧倒した。

 六回1死、代打の上田に唯一の被安打となる投手への内野安打を許し、さらに自らの悪送球で二塁のピンチを招いた。しかし、マウンドの山口は動じない。太田を外角直球で投ゴロ。青木も内角への直球で空振り三振に仕留めた。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文553文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです