メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

アジア選手権 桐生、手応えのV 男子100メートル、10秒10

 【ドーハ共同】第2日は22日、ドーハで行われ、男子100メートルは桐生祥秀(日本生命)が追い風1・5メートルの決勝を10秒10で制した。今大会の日本勢で最初の金メダルとなった。山県亮太(セイコー)は右太もも裏の違和感で棄権した。

 女子走り幅跳びでは高良彩花(筑波大)が6メートル16で銀メダル。同ハンマー投げの渡辺茜(丸和運輸機関)は63メートル54、男子やり投げの新井涼平(スズキ浜松AC)は81メートル93でともに銅メダルを獲得した。

 女子400メートル障害の宇都宮絵莉(長谷川体育施設)は4位、男子400メートルのウォルシュ・ジュリアン(富士通)と同400メートル障害の安部孝駿(ヤマダ電機)は5位だった。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜の温泉旅館が倒産 感染者宿泊でキャンセル相次ぐ 新型コロナ

  2. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  3. 「感染拡大なら一斉休校を」専門家会議が検討要請 新型コロナ、3地域に区分

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. 北九州市で21人の感染確認 新小文字病院のスタッフ17人陽性、外来など停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです