廃品回収

苦情1200件超え 法外な金額請求も 生活センター調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
え・清田万作
え・清田万作

 引っ越しなどの際に利用する廃品回収業者に関する苦情や相談が10年連続で1200件を超えていることが国民生活センターの調査で分かった。同センターでは「自治体の許可を得た複数の正規業者から見積もりを取るなど、慎重な判断をしてほしい」と注意を呼びかけている。(15面に「みんなのごみ」)

 国民生活センターによると、2008年度に767件だった相談件数が、翌09年度には1225件に急増。10年度の1859件をピークに1200件ほどで推移している。件数が増えた要因として、高齢社会を迎え、遺品整理や生前整理などで大量にごみが出ていることが挙げられる。また、「インターネットでの広告…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

あわせて読みたい

ニュース特集