メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校軟式野球

九州地区大会 鹿児島実、32季ぶりV

 第53回九州地区高校軟式野球大会(毎日新聞社後援)は23日、鹿児島県の出水市総合運動公園野球場で決勝があり、鹿児島実が文徳(熊本)を4-2で破り、第21回大会(2003年春)以来32季ぶり、6回目の優勝を果たした。

 鹿児島実は三回2死満塁から百枝の左翼線3点二塁打で先制。佐多-中山の投手リレーで逃げ切った。文徳は七回に1点差に迫ったものの、2季連続の準優勝に終わった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. パール槍ケ岳 真珠のランデブー 長野・須坂

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです