メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

タイラギ漁、復活期待 人工稚貝放流、アゲマキに続け 諫干堤防閉め切り、漁業者は懐疑的

 有明海特産の高級二枚貝「タイラギ」の漁再開に向け、国と佐賀、福岡、長崎、熊本4県が人工稚貝(ちがい)の放流に取り組んでいる。安定的に生産できるようになった人工稚貝を放流し、稚貝が成長して世代循環できる「母貝(ぼがい)団地」の形成を目指す。同様に不漁だったアゲマキは人工稚貝放流で生息数が回復し、昨年から漁を再開できただけに関係者は効果に期待を寄せるが、漁業者からは「対症療法に過ぎず、問題の根本的解決にはならない」と疑問視する声も上がる。【池田美欧】

 有明海でのタイラギの漁獲量は、1996年度の318トン(貝柱の重さ)をピークに減少。2012年度か…

この記事は有料記事です。

残り1023文字(全文1299文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 陸上イージス 防衛省、標高も誤り グーグル使いズレ
  5. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです