水深約15メートルにマグロ、カツオのぼり 和歌山・串本町で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「こどもの日」を控え、海中に設置されたこいのぼり=和歌山県串本町潮岬沖で2019年4月23日午前9時9分、山本芳博撮影
「こどもの日」を控え、海中に設置されたこいのぼり=和歌山県串本町潮岬沖で2019年4月23日午前9時9分、山本芳博撮影

 5月5日の「こどもの日」を前に和歌山県串本町のダイビング22業者でつくる組合のメンバーが23日、同町沖の海中にこいのぼりを設置した。5月6日まで。

 メンバー9人が同町潮岬沖約200メートルのダイビングスポットに潜り、水深約15メートルの岩場に打ち込まれた金属製くいにロープを張って全長2~5メートル…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

あわせて読みたい

注目の特集