今年の石アートは「寅さん」 青森・田舎館村

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【2019年】石のアート、車寅次郎が登場=青森県田舎館村で2019年4月23日、藤田晴雄撮影
【2019年】石のアート、車寅次郎が登場=青森県田舎館村で2019年4月23日、藤田晴雄撮影

 名作映画シリーズ「男はつらいよ」の「車寅次郎」を題材にした今年の「石アート」が23日、青森県田舎館村の道の駅いなかだて「弥生の里」で公開された。期間は、5月6日までと、6月15日~10月6日。

 石アートは、色の異なる小石を並べて有名人の肖像画を描く企画で、同村が田んぼアートに続く名物として2013年から制作している。

 今年は「男はつらいよ」の第1作が公開されてから50周年となることから「寅さん」を選定。今月上旬から約680平方メートルの敷地に白や黒、赤など5色の小石を敷き詰めて制作し、高さ14メートルの展望所からよく見えるように遠近法を用いた。現在、8割ほどが制作され、今週中に完成する。東京都大田区から訪れた会社員の橋本哲也さん(53)は「寅さんが今にも動き出しそう。映画を見ているみたいだ」と感激していた。

この記事は有料記事です。

残り113文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集