メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「18トリソミー」患いながら懸命に生きる 女児、7歳に 香川

自宅のブランコで遊ぶ吉田葵陽さん(左)と母柄美子さん=高松市牟礼町で2019年2月7日、岩崎邦宏撮影

 染色体の異常によって起きる重度の障害「18トリソミー」を患いながらも懸命に生きる女児がいる。香川県立高松養護学校小学部2年の吉田葵陽(あおい)さん(7)=高松市牟礼町。「1年生存率が10%」とも言われる重い病だが、母柄美子(えみこ)さん(37)は「成長はゆっくりでも元気に、大きく育ってほしい」と見守っている。【岩崎邦宏】

 吉田さんは2012年2月、平均体重の2分の1以下の1307グラムで生まれた。その3日後に心疾患で心臓の手術を受け、生後20日で18トリソミーと診断された。「頭が真っ白になった」と柄美子さんは振り返る。

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  3. 声優の水樹奈々さんが結婚 「奈々にちなんだ7月に」 お相手は音楽関係者

  4. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  5. 京都・祇園の舞妓2人が新型コロナ感染 感染経路不明、濃厚接触者20人は陰性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです