テロ対策施設未完成なら原発運転停止 原子力規制委

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
九州電力川内原発の(左手前から)2号機と1号機=鹿児島県薩摩川内市で2013年6月17日、本社ヘリから山下恭二撮影
九州電力川内原発の(左手前から)2号機と1号機=鹿児島県薩摩川内市で2013年6月17日、本社ヘリから山下恭二撮影

 原発の新規制基準で設置が義務づけられたテロ対策の「特定重大事故等対処施設」(特定施設)を巡り、再稼働した原発を持つ関西電力、四国電力、九州電力の3社が施設設置が期限より遅れるとの見通しを示した問題で、原子力規制委員会は24日、期限の延長を認めないことを決めた。九電川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)は来年3月に期限を迎えるが、その時点で施設が完成していなければ運転停止となる。

 特定施設は、テロによる航空機の衝突などを想定し、遠隔操作で原子炉の冷却を継続するための施設。当初は2013年の新基準施行から5年以内に設置する必要があった。だが、審査の長期化を踏まえ、規制委は原子炉の工事計画の認可を受けてから5年に猶予期間を延長していた。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文521文字)

あわせて読みたい

ニュース特集