メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護猫たちのニャン生

(1)しーちゃん 走り回る全盲の子猫

 横浜・関内にある保護猫カフェ「ミーシス」は、さまざまな事情で家族のもとを離れた猫や、路上で生きてきた猫たち24匹が暮らす。「かわいくないからいらない」と人間の勝手な都合で捨てられた猫や、両目がない状態で保護された子猫--。苦境を乗り越え、猫カフェで楽しく暮らす猫たちの素顔を紹介する。【中嶋真希】

しーちゃん 11カ月

 しーちゃんは、両目の眼球がない。見えないけれど、どの猫よりも動く。段差があってもへっちゃら。おもちゃがある場所も、ちゃんと覚えている。ミーシスの店長の声が聞こえるとよじ登って、だっこしてもらうのがお気に入りだ。ほかの猫たちみたいに遠くの棚に飛び移ることはできないが、手で触りながらよじ登ることはできる。冒険心でいっぱいなのが、しーちゃんの魅力だ。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです