連載

保護猫たちのニャン生

「かわいくないからいらない」と人間の勝手な都合で捨てられた猫や、両目がない状態で保護された子猫--。苦境を乗り越え、猫カフェで楽しく暮らす猫たちの素顔を紹介する。

連載一覧

保護猫たちのニャン生

(3)カイル 気弱な一匹オオカミ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横浜・関内にある保護猫カフェ「ミーシス」は、さまざまな事情で家族のもとを離れた猫や、路上で生きてきた猫たち24匹が暮らす。「かわいくないからいらない」と人間の勝手な都合で捨てられた猫や、両目がない状態で保護された子猫--。苦境を乗り越え、猫カフェで楽しく暮らす猫たちの素顔を紹介する。【中嶋真希】

カイル 10歳

 長い毛が美しいロシアの猫「サイベリアン」がほしいと百貨店の外商に注文した客がいた。その客は、ほんの数カ月で「甘かみするから、いらない」と猫を返品。すでに去勢手術も済ませており、ブリーダーに返すこともできない。行き場をなくして、ミーシスにやってきたのがカイルだ。店が開業した2009年にやってきて、もう10年になる。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文606文字)

あわせて読みたい

注目の特集