メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保護猫たちのニャン生

(3)カイル 気弱な一匹オオカミ

 横浜・関内にある保護猫カフェ「ミーシス」は、さまざまな事情で家族のもとを離れた猫や、路上で生きてきた猫たち24匹が暮らす。「かわいくないからいらない」と人間の勝手な都合で捨てられた猫や、両目がない状態で保護された子猫--。苦境を乗り越え、猫カフェで楽しく暮らす猫たちの素顔を紹介する。【中嶋真希】

カイル 10歳

 長い毛が美しいロシアの猫「サイベリアン」がほしいと百貨店の外商に注文した客がいた。その客は、ほんの数カ月で「甘かみするから、いらない」と猫を返品。すでに去勢手術も済ませており、ブリーダーに返すこともできない。行き場をなくして、ミーシスにやってきたのがカイルだ。店が開業した2009年にやってきて、もう10年になる。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです