メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GPIFの年金運用リスクが上昇「丁寧な説明を」 検査院が所見

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)による年金積立金の運用を巡り、会計検査院は24日、2014年以降に株式運用の割合が増加してリスクが上昇していると指摘し、「国民への丁寧な説明が必要」との所見を示した。

 年金積立金の残高は17年度末で164兆1609億円。このうちGPIFが運用しているのは156兆3832億円で、検査院は12~17年度の運用状況などを調査した。検査院によると、収益額は15年度を除いて7兆9363億円から15兆2922億円で推…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文565文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです