メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢ドライバー 識者「認知症だけでなく運転技能など総合的な検査検討を」

事故が発生した現場を調べる警視庁の捜査員ら=東京都豊島区で2019年4月19日午後1時23分、宮間俊樹撮影

 国は17年3月施行の改正道路交通法で、75歳以上の認知機能検査を強化した。認知症の恐れがある場合は免許の継続に医師の診断が必要となったが、死亡事故は後を絶たない。飯塚元院長も2年前に検査を受けたが免許は更新されていた。鳥取大医学部の浦上克哉教授(認知症予防学)は「高齢になると反射神経や動体視力など…

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文209文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです