メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故

歩行者らがはねられた現場付近に供えられた花束や飲み物=東京都豊島区で2019年4月20日午前8時55分、渡部直樹撮影

 東京・池袋で乗用車が暴走し、母子がはねられ死亡した事故で、警視庁は24日、新たに30代の母と2歳の女児が軽傷を負っていたことを明らかにした。事故での死傷者は旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)と妻を含む計12人になった。

 事故は19日午後0時25分ごろに発生した。飯塚元院長の乗用車が車道左側の縁石に接触した後、約150メートルにわたって暴走し、松永さん母子らを次々にはねた。警視庁は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで任意で捜査しており、飯塚元院長の車のドライブレコーダーの記録を解析するなどしている。飯塚元院長は胸の骨にひびが入って入院しており、回復を待って事情聴取を進める。【安藤いく子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです