特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

不十分な強制不妊救済法 個別通知 盛り込まず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院本会議で、旧優生保護法下で不妊手術をされた障害者らへの救済法が全会一致で可決、成立し一礼する根本匠厚生労働相(手前)=国会内で2019年4月24日午前10時52分、川田雅浩撮影
参院本会議で、旧優生保護法下で不妊手術をされた障害者らへの救済法が全会一致で可決、成立し一礼する根本匠厚生労働相(手前)=国会内で2019年4月24日午前10時52分、川田雅浩撮影

 半世紀にわたって旧優生保護法下で不妊手術を強いられた障害者らへの救済法が24日、1996年の規定廃止から20年以上を経てようやく成立した。これまで人権侵害を指摘する国連機関や被害者らの声に応えてこなかった経緯から見れば大きな前進だが、被害救済や国家賠償訴訟が、これで全面解決に向かうわけではない現実がある。

この記事は有料記事です。

残り2285文字(全文2439文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集