メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

白鵬にけん責処分 春場所千秋楽の三本締めで 日本相撲協会

インタビューの最後に三本締めをする白鵬=エディオンアリーナ大阪で2019年3月24日、加古信志撮影

 日本相撲協会は24日、東京都内で臨時理事会を開き、3月の大相撲春場所で42回目の優勝を果たし、千秋楽の表彰式で観客とともに三本締めをした横綱・白鵬(34)=宮城野部屋=を理事会決議が必要なものでは最も軽い、けん責処分にした。師匠の宮城野親方(元前頭・竹葉山)は指導者としての責任を問われ、より重い減俸(3カ月、10%)とした。

 白鵬は3月24日の表彰式の優勝インタビューで「平成最後なので。大相撲の発展と皆様の健康を祈念し」と…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文483文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

  2. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  3. 福岡の女子高で猿捕獲 17日から目撃情報

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです