メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東南アジア探訪記

フェイクニュースが乱れ飛んだインドネシア大統領選と総選挙 逮捕者も

フェイクニュースが拡散されていないかSNSを監視するマフィンドのメンバー=ジャカルタで2019年3月6日、武内彩撮影

 大統領選挙と総選挙が17日に実施されたインドネシアで、選挙期間中に候補者を陥れるようなフェイク(偽)ニュースがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)をにぎわし、逮捕者を出す事態に発展した。国民の感情を揺さぶりやすい宗教を利用した悪質なフェイクニュースも拡散する。NGOなどが目を光らせているが、対応は追いついていない。

 「ジョコ大統領が再選したら、アザーン(イスラム教の礼拝所が礼拝時間を知らせる放送)が禁止される」

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1571文字)

武内彩

ジャカルタ支局記者。1980年和歌山県生まれ。2005年に毎日新聞に入社、神戸支局を振り出しに大阪社会部の在籍が長かった。東南アジア好きは学生時代のフィリピン留学以来。担当地域はインドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール、オーストラリアなど。

武内彩

1980年生まれ。2005年に毎日新聞に入社、神戸支局を振り出しに大阪社会部の在籍が長かった。東南アジア好きは学生時代のフィリピン留学以来。担当地域はインドネシア、フィリピン、マレーシア、シンガポール、オーストラリアなど。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. マイナンバーカード申請書 未取得者に送付へ 普及率向上目指す

  3. 菅首相が初の国連演説へ コロナ収束に向け多国間主義の重要性訴える

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです