メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

赤江珠緒&博多大吉の“芝生デート”報道 『たまむすび』が伝えた1週間

情報提供:ORICON NEWS

(左から)赤江珠緒、博多大吉 (C)ORICON NewS inc.
 TBSラジオ『赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび』(月~金 後1:00)が、この1週間ざわついている。パーソナリティーの赤江珠緒(44)と水曜パートナーの博多大吉(48)が、19日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で“芝生デート”が報じられたからだ。報道の前日から、きょうに至るまで、どういった形で『たまむすび』が放送をしてきたのか。ここであらためて振り返りたい。

【写真】白のレース衣装でピースする赤江珠緒

 まずは、『FRIDAY』発売前日の18日。ピエール瀧被告がパートナーを務めていた木曜日に、代打として玉袋筋太郎が出演していたが、赤江が番組冒頭に「きょうはね、どうします玉さん。言っちゃっていいです?」とコメント。玉袋が「あした金曜日だからね。金曜日は、英語でなんて言うのかな?」と振り、赤江から誌面について説明があった。井上陽水を交えた食事会などで大吉におごってもらう機会が多かったため、そのお礼も兼ねてランチに行ったとのこと。その後時間が空き、近くの公園で花見がてら話していたところを撮られたと話した。

 翌19日は、外山惠理アナと玉袋コンビが放送。外山アナが冒頭で「おい、そこの2人。金曜日に行ってんじゃねーよ」と、赤江と大吉が自分たちの放送日にランチしていた件にツッコミ。「おそらく、radikoで聞きながら『何の中身もない放送だな』って言いながら(芝生で)寝っ転がっていたんでしょう」と啖呵(たんか)を切りながら「『たまむすび』との誰とも芝生に寝っ転がれますよ」とアピールした。前日の放送で玉袋が「外山さんと芝生に行く」と宣言していた通り、外山アナと玉袋がTBSの前にある芝生の上で寝転ぶ写真が番組ホームページにアップされ、キャプションには「玉袋筋太郎&外山惠理、有言実行の図」とつけられていた。

 週明けの22日、赤江が「芝生の上では誰とでも寝る女」と自虐を交えながら自己紹介すると、月曜パートナーのカンニング竹山は「あんた、バカだねぇー」と明るい声色でツッコミ。赤江は「あの写真を見て『これはいかん』と思いました。『こういう風に写るのは、いかん』と思って」と反省しながら「お持ちの方、テキスト28ページを見ていただいて…」と自ら紹介。その後、番組パートナーへの思いを口にした。

 「ラジオって不思議なメディアでもあって、週1回、8年近くみなさんとお仕事をさせていただいていたら、何ていうんですかね…以前、公開収録の時に『(各曜日のパートナーは)どういう存在ですか?』と聞かれて、奇しくも答えていたことがあるんです。月曜日の竹山さんは、その時『お父さんみたい』と言ったのですが、今は改めてお姉ちゃんみたい。山ちゃん(山里亮太)はいとこの子。大吉先生はお母さんみたい。すごく世話を焼いてくれて、飲み会とかでも『忘れ物はない?』とか、チェックしてくれたり。(ピエール)瀧さんはちょっと横暴なお兄ちゃんみたいな。玉さんと外山さんの金曜日はしょっちゅう会える訳じゃないから、山ちゃんとは違う系列のいとこ。そういう自分の中で親近感を勝手にわいているところがあって」。

 これを聞いていた竹山は、今回の報道を冷静に見ながらもやさしく呼びかけた。「別に悪いことじゃないのよ。そうやって1週間のラジオを我々は作ってきた訳だから。ファミリー感とかを作ってきたんだけど、リスナーじゃない人が聞いたり、この間みたいなのを見たりすると、誤解を招く可能性はある。そこがちょっと、真面目な話をすると表方としての配慮が足りないというか…。ただ、ひとつあるのは、これが週1で仕事をしているだけだったら、ほかの曜日パートナーも(報道が出たら)『どうなっているんだ?』ってなるけど、ファミリー感があるから『それは違うわ』って言えるのはすてきなことよ」。

 “姉”である竹山からの檄(げき)が飛んだ翌日。「いとこ」の山里がパートナーの火曜日を迎えた。赤江が「山ちゃんが、きょう(スタジオに)来てから鼻息が荒いんだもん」と話すと、山里は「私のこのゴシップノーズが、嗅覚がすごいのよ。違うのよ、赤江さん。金曜日の『フライのデー』で気になっていることがあるのよ」とコメント。「『たまむすび』チームとはすごく仲がいいのよ。みんなで飲みに行ったり、何かあった時はみんなで解決してきたじゃない。オレだって『たまむすび』の一員ですよ。それなのに、何だこの報道は」と、今回の報道を受けて自身が嫉妬しているという記事を紹介して嘆き節をさく裂させた。

 赤江から「私がなぜ山ちゃんを頼らなかったかというと、頼りなかったから」と明るいトーンで冗談交じりに指摘された山里は、ツッコみながらも自身に相談がこなくなった理由に心当たりがあると語り出した。「赤江さんがけっこう大事な相談をしていた時に、オレが『そんなことより』ってゴシップの話をしていたから。あそこからだね。あれが3回続いたのよ。『たまむすび』もいろんなことがあって、赤江さんがヘコんでいる時にさ、本当にいろんなことあったよ。『今回こういうことがあってさ』と相談された時に『そんなことよりさ、あいつこんな嫌なやつだよ』っていうのを3回やっちゃったからさ」。

 この1週間、各パートナーからさまざまな形で触れられてきた今回の報道。まさに番組タイトル通りに、報道前から結ばれてきた一連の流れを受けて、いよいよ報道後初の共演となる『たまむすび』で2人が何を語るのか。

情報提供:ORICON NEWS

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  2. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕
  3. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕
  4. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです