メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

米宝くじで大当たりの24歳男性が喜び語る、「5─10分間叫んだ」

[PR]

 [23日 ロイター] - 米宝くじ「パワーボール」で、賞金が米国史上3番目に高い額となる7億6800万ドル(約859億4000万円)の当たりくじを手にした24歳の男性が23日、当選の喜びを語った。

     ウィスコンシン州に住むマヌエル・フランコさんは、宝くじ関係者が主催した会見に出席。3月の抽選日の前日にガソリンスタンドで10ドルを支払い5枚のくじを購入したと述べた。

     手にしたくじが大当たりを出したと知ったのは、抽選があった翌日。数字をチェックして当選を確かめると「5─10分間ほど叫んだ」という。その後、出勤したが、仕事に集中できず、それ以来職場には戻っていないと明らかにした。「人生の次の一章がどのようなものになるか分からない」と語った。

     7億6800万ドルは、29年にわたり毎年分割で賞金を受け取った場合の金額。パワーボールによると、ジャックポット(大当たり)の賞金の受け取り方法には29年の分割または一括の2種類がある。フランコさんは現金による一括での受け取りを選び、この場合の額は税引き前で約4億7700万ドル(約533億7600万円)となる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

    2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

    3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

    4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

    5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです