米フェイスブック

51%減益 情報流出問題、制裁金影響 1~3月期

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン中井正裕】米交流サイト最大手、フェイスブックが24日発表した2019年1~3月期決算は、最終(当期)利益が前年同期比51%減の24億2900万ドル(約2700億円)と半減した。昨年発覚した個人情報流出問題を巡り、米連邦取引委員会(FTC)に支払う制裁金に備えた費用として30億ドル(約3…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

あわせて読みたい

ニュース特集