メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

大和雅美、福田圭吾 バレエで描く家族の絆 「大福」5回目の自主公演「Home」

(手前から)関樹生、大和雅美、福田圭吾、湧田美紀、本島美和、福岡雄大、小柴富久修、趙載範=小川昌宏撮影

 東京・新国立劇場バレエ団ゆかりのダンサー2人による自主公演「大福」が、5月に開かれる。大和雅美と福田圭吾の名字から取ったネーミングこそ安易だが、趣向に富んだ演出が支持を受け、結成2年半で5回目の公演を迎えることに。今回の表題は「Home」。昭和を象徴する一家がモチーフだ。期せずして令和の幕開きを飾る舞台で、「時代が移っても変わらない家族の絆を描き出したい」と、大福コンビは口をそろえる。

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  2. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです