連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

おにぎり竜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第二の人生は「おにぎり屋さん」だった。昨年10月18日の本欄「涙の引退式」で、硬膜下血腫のため現役引退した世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級前王者の山中竜也(りゅうや)さん(24)を取り上げた。その時点で彼は「当面はボクシングと無関係の仕事をしたい」と模索していたが、今月19日に大阪・北新地でおにぎり専門店「おにぎり竜(りゅう)」を開店した。

 小柄で童顔の見た目から現役時代にジムの先輩から「おにぎり君」と呼ばれていたといい、昨年10月に知人から今回の開店話を持ちかけられた際に「自分のあだ名だから、やってみたい」と心が動いたそうだ。包丁の持ち方から習い始め、約半年間にわたり修業してきた。

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文481文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集