メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

茨城選挙区 前那珂市長・海野氏が出馬へ 「脱原発」公約に /茨城

 前那珂市長の海野徹氏(69)が、夏の参院選に茨城選挙区から無所属で立候補する方針を固めたことが24日、分かった。海野氏は市長在任時に日本原子力発電東海第2原発(東海村)の再稼働に反対する姿勢を表明しており、参院選でも「脱原発」を公約に掲げる。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです