メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

日本初の女医・荻野吟子の人生描く 熊谷などで撮影中 歴史的建造物でロケ、エキストラに市民も /埼玉

若村麻由美さん演じる荻野吟子が嫁入りするシーンを、船上から撮影するカメラマンら=群馬県千代田町で

 日本初の女医で、熊谷市出身の荻野吟子(1851~1913年)の人生を描いた映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」の撮影が今月、熊谷市などで始まった。市内の歴史的な建造物などを使用し、エキストラには市民も参加するなど地域ぐるみで協力。5月に撮影を終え、今夏の公開を予定している。

 山田火砂子監督(87)が製作し、吟子は女優の若村麻由美さんが演じる。今月14日、深谷市の県立深谷商業高でクランクインし、熊谷市の坂田医院旧診療所や井田記念館などで撮影が行…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです