メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こいのぼりに

「令和」期待込め、100匹はためく 須坂・百々川 /長野

新時代への期待の言葉が並ぶ白い鯉のぼり=長野県須坂市野辺の百々川で

 5月5日の端午の節句を前に、須坂市野辺の百々川に色とりどりのこいのぼり約100匹がはためいている。5月6日まで。

 硫黄鉱山の跡地が上流にあるため魚が生きられない環境の百々川に、せめてこいのぼりを泳がそうと2004年から始まった取り組みで、今回が16回目。こいのぼりは全国から寄付されたものを使い、川の名…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです