メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あいりん総合センター

閉鎖 「居場所を奪うな」 抗議の労働者ら数十人、外に出し /大阪

シャッターを閉鎖するために移動される抗議に使われたバス=大阪市西成区で、柴山雄太撮影

 日雇い労働者が仕事を探すために集まる「あいりん総合センター」(大阪市西成区)の労働関係施設(1~4階)が24日、完全に閉鎖された。老朽化のため2025年をめどに現地で建て替える予定。閉鎖は3月末を予定していたが、反対する労働者らが1階フロア(約4000平方メートル)で寝泊まりするなどして抗議を続けていた。

 この日正午すぎ、大阪労働局と府の職員計約220人がセンターを訪れ、建物の管理権などに基づき退去を求…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです