メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

鳥取 文化・教育 上淀廃寺跡 白鳳期の壁画、山陰にも 米子・安江さん、世紀の大発見 /鳥取

上淀廃寺跡について説明する安江禎晃さん=鳥取県米子市で、園部仁史撮影

 平成3(1991)年4月の昼下がり、旧淀江町(現・米子市)の教育長だった安江禎晃(さだあき)さん(85)=米子市=は何の気なしに土中から拾い上げた破片に、紫色の模様をみつけた。この年から本格的な発掘調査が始まった上淀廃寺跡(同町)の現場を視察したとき。奈良国立文化財研究所の山中敏史主任研究官(当時)に見せると「これ壁画です! どえらい発見ですよ」。目をむいて驚いた顔は今も忘れない。

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 診療所のクマ、冬眠中の親子か 3頭を捕獲、けが人なし 新潟

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです