メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成遺産を歩く

/1 門司港レトロ 再開発、地域と二人三脚 観光客、オープンから倍増 /福岡

 関門海峡観光の目玉「門司港レトロ」は平成生まれのランドマークの一つだ。大正ロマンを感じさせるJR門司港駅を降りると、海沿いに歴史的建造物が建ち並び、ライトアップされた夜景なども楽しめる。

 門司港レトロは1988(昭和63)年に整備が始まり、95(平成7)年にオープン。その整備は、北九州市の門司港再開発の起爆剤だった。

 九州の玄関口として栄えてきた門司港だが、関門橋が73年に開通するなど陸上交通、輸送手段の発達ととも…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文926文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです