特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

強制不妊救済法成立 首相「心からおわび」 320万円支給 訴訟は継続

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けさせられた障害者らへの救済法が24日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。これを受けて安倍晋三首相は、不妊手術を受けた被害者に対する「反省とおわび」の談話を発表した。国家賠償訴訟が起きている案件で、判決前に首相がおわびを表明するのは異例。ただし、国も原告側も訴訟は継続する構えで、5月28日に仙台地裁で言い渡される一連の訴訟の最初の判決が注目される。【原田啓之、遠藤大志】(3面にクローズアップ)

 救済法は24日施行され、都道府県が一時金支給の請求を受け付ける。支給は早ければ6月末から始まる。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文866文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集