メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

原発テロ対策、一転厳格 規制委、施設設置延期せず

 原子力規制委員会は24日、原発のテロ対策施設「特定重大事故等対処施設」(特定施設)について、電力会社が求めた期限延長を認めない判断を示した。「代替は利かない」と厳しい姿勢の規制委に、「期限を守れない」とする電力各社は困惑。再稼働で収益改善を狙う各社の経営にも影響を与えそうだ。

 原発などにテロ対策拠点を設置するのは世界的な潮流だ。2001年の米同時多発テロ以降、「核セキュリティー」が世界の課題となり、原子力規制委員会も必要な要件を定めた。

 このため規制委は、航空機の衝突で制御室や建屋内の注水施設などが破壊されても炉心溶融(メルトダウン)を遠隔操作で防げることが重要だとして、例えば原子炉建屋から100メートル以上離れた場所への設置などを要求。緊急時制御室▽冷却用の注水設備▽電源--などが必要だとしている。

この記事は有料記事です。

残り1827文字(全文2183文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悩み抱えるコロナ感染者 専門家「早めに周囲に助け求めて」 30代女性、命絶つ

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです