メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

周恩来の外交遺産=坂東賢治

 <moku-go>

 「外事に小事なし」。70年前の中華人民共和国の成立以降、首相と外相を兼任し、中国外交の基礎を固めた周恩来の言葉だ。日仏両国に留学した周は国際関係の重要さを十分に認識し、将来の外交展開に備えた布石も打っていた。

 その一つが通訳の養成だ。1957年には将来の国連加盟を見越し、通訳育成のための10年計画作成を指示している。63年には計画に基づいてそれまで北京にしかなかった小中高生対象の外国語学校が上海、南京、長春、広州、西安、重慶の6都市に設置された。

 その第1期生として小学3年生から長春外国語学校で日本語を学んだのが程永華駐日大使だ。テレビなどでな…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです