メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

周恩来の外交遺産=坂東賢治

 <moku-go>

 「外事に小事なし」。70年前の中華人民共和国の成立以降、首相と外相を兼任し、中国外交の基礎を固めた周恩来の言葉だ。日仏両国に留学した周は国際関係の重要さを十分に認識し、将来の外交展開に備えた布石も打っていた。

 その一つが通訳の養成だ。1957年には将来の国連加盟を見越し、通訳育成のための10年計画作成を指示している。63年には計画に基づいてそれまで北京にしかなかった小中高生対象の外国語学校が上海、南京、長春、広州、西安、重慶の6都市に設置された。

 その第1期生として小学3年生から長春外国語学校で日本語を学んだのが程永華駐日大使だ。テレビなどでな…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  4. 東京・新橋で5台絡む事故 子ども乗せた観光バスも
  5. 英・離脱党党首にシェーク 警察販売自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです